HOME>トピックス>費用を抑えるために、走行ルートを綿密に策定すること

実は費用対効果が抜群

引越しトラック

中型または大型のトラックに広告を取り付けて、大都市の繁華街を走行するのがアドトラックというものです。宣伝活動やPR活動に一定以上の効果をもたらすことが認められていて、現在では広く活用されています。アドトラックの需要が伸びている理由は、低コストで高い宣伝効果を上げる事ができるとあって、あまり予算がかけられなくてもアドトラックで効率的にPRをすることができます。都市部の繁華街を走行するので、人目につきやすいのです。

走行ルートを綿密に計画

トラックの模型

費用を極力抑えつつもPR効果を最大限にまで高めてくれるのがアドトラックです。アドトラックを利用する際の重要なポイントは、走行ルートの策定です。人通りがまばらな通りでアドトラックを走らせても、PR効果はあまり期待することができません。PR効果を高める上で重要なことは、人目につきやすいルートを2箇所ほど策定して時間を限定して走行することにあります。また、ターゲットとなる年齢層が多く集まる場所や時間帯を考慮に入れる必要があるのです。それにプラスして、アドトラックを利用する企業が細かい要望を出すことができるので、それらを勘案して走行ルートを決めているのです。